勉強計画の立て方のポイントを知りたい

高2 おーの (首都大東京志望)

勉強計画を立てて勉強しようとすると、いつもうまくいきません。 計画をたてるときに何に気をつけたらいいですか? 

  • URLをコピーしました!

勉強計画の立て方で大事な2つのポイント

長い期間勉強し続けようと思うと、勉強計画を立てただけで満足し、3日坊主になってしまうことがありがちで、そして、それが受験勉強において最大の悩みになるかと思います。なのでサボらない勉強計画の立て方を解説していきます。その勉強計画の立て方の中で、重要な作業が2つあります。この作業をすることによって、勉強計画に沿って学習を進められます。

勉強計画の立て方の中で重要な2つの作業

①勉強計画の「学習単元を細かく分ける」立て方

まずは、勉強範囲をすべて書き出し、その「単元を細かく分ける」ことをしましょう。そして次に、「細かく分けた学習単元」を勉強を終わらせるまでの日数で割って、その日に勉強する学習単元の数と内容を明確にしましょう。「単元を細かく分ける」目的は、1日の学習内容を明確にし、無理なく勉強を進めることにあります。
「学習単元を細かく分ける」具体的な例を挙げると、英語の前置詞であれば、atの用法、inの用法、onの用法、fromの用法・・・といった様にです。
これが勉強計画の立て方で大事なポイントの1つ目です。

②勉強計画の「勉強時間を細かく区切る」立て方

1日の勉強計画を立てた後、言わずもがな、それをどのように実行するかが重要になります。なので、1日の中でも勉強内容を明確にするため、学習する単元を1時間単位で区切りましょう。30分ごとに区切りをつけられると、なお良いです。つまり、短い単元を短い時間で、繰り返し勉強を進めていくことが、勉強計画の立て方の2つ目のポイントです。長時間勉強したから、学習内容が定着する、勉強の成績が上がるというわけではありません。短い時間で集中して学習する方が、効率よく勉強できます。
「勉強時間を細かく区切る」具体的な例を挙げると、英語の前置詞であれば、「atの用法は15分で勉強する」、「inの用法は15分で勉強する」、「onの用法は15分で勉強する」・・・といったようにです。
これが勉強計画の立て方で大事なポイントの2つ目です。

勉強計画の立て方においてなぜ2つの作業が重要なのか

何故この2つの作業をするかというと、比較的広い学習範囲を長期間で勉強しようとすると、勉強計画を立てたとしても、サボりがちになってしまいます。そして、結果的に入試やテスト直前にまとめて勉強を詰め込み、身につかないという事態に陥りやすくなってしまいます。その最悪な事態に陥らないために、勉強計画を立てる際には、学習単元を細かく分け、勉強時間を細かく区切るという作業を行います。

コーチングで勉強計画の立て方をアドバイス

この2点が勉強計画の立て方において重要なポイントです。
「学習単元を細かく分ける」ことと「勉強時間を細かく区切る」立て方に沿って各教科の勉強計画を立案していけば、大学受験本番までサボらずに、息切れせずに勉強を進めていけるようになります。
しかし、自分の勉強計画の立て方に不安があったり、勉強計画通りに学習を進められない場合は、そこをサポートしてくれる塾を探すことをオススメします。マナビライトのコーチングでも勉強計画を立てるアドバイスをしていますので、相談してください。
コーチングはこちらから

コーチに悩みを相談して、
あなたにぴったりの解決法を知りましょう!

今ならコーチに無料で相談できます!

マナビライトについて詳しく知る
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!